プリンスも死に至らしめた。アメリカで社会問題化している”処方薬”という闇

今年の4月に57歳という若さで突然この世を去ったアメリカの伝説的ミュージシャン、プリンス。

cached (11)

同じく1958年生まれのマイケル・ジャクソンマドンナと肩を並べる人気で、アメリカ近代ミュージックの歴史を築いてきた一人です。

そんな彼の突然の死に、世界中のファンが涙を流しました。

アメリカのみならず、日本の有名人たちも訃報に胸を痛めた

【スガシカオさん】

プリンスが生きていれば、今日で58歳。
残念ながら彼はもう年はとらないけれど・・・。
おれは10代の頃から、ずっと彼の背中を追いかけ続けた。アーティストになってからも、音楽制作のスタイル、新しいメディアへの対応、本質的なファンクネス、すべてプリンスを見習って習得した。

出典 ameblo.jp

 

【ダイヤモンド☆ユカイさん】

今日、プリンスの訃報を聞き、
ショックを受ける。パープルレインで一斉を風靡する前
からずっと注目してた。東京ドームに、JBのサックスで
有名なメシオパーカーを従えての
LIVEに行った時に、
往年とは違う地味な格好で「俺は、今まで派手な演出をして
きたけど、本当は、リアルな音楽が
好きなんだ。本物の音楽が好きなんだ‼️」と言ってたあの瞬間を思い出した。プリンスよ永遠に。

出典 ameblo.jp

 

【平子理沙さん】

また一人、天才が亡くなり、
寂しい世の中になりました。
小学生の頃から大好きだった
プリンス、あなたの音楽は
永遠に生き続けます。

出典 ameblo.jp

プリンスの死因が判明!そこにはアメリカの闇が色濃く映し出されていた

90年代にHIVに感染し、その治療を拒んでいたというプリンス。

ただでさえ小柄な体型が、死の直前はさらに痩せ細っていたという報道から、当初は「エイズ発症」や「インフルエンザ感染」が死因ではないか、と言われていました。

しかし、ミネソタ州の検視局が発表した死因は鎮痛剤「フェンタニル」の過剰摂取】というもの。なんとこのフェンタニルは違法薬物ではなく、医師により処方される”処方薬”なんです。

cached (12)

アメリカで蔓延する”処方薬への依存症”

実はこのフェンタニルは麻薬性の鎮静剤。日本で有名な麻薬性の薬といえば「モルヒネ」が挙げられます。

しかし日本では法律で厳しく使用目的が制限されているので、がん患者など、一部の大変辛い痛みを抱える患者さんにしか処方されません。

一方、アメリカでは麻薬成分を含む薬への規制が日本よりも緩いため、鎮静剤のほか、注意欠陥・多動性障害の治療に用いられる薬にも、麻薬成分を含むものが多く存在します。

もちろん、これらは用法・用量を守れば劇的な効果をもたらす素晴らしい薬ですが、多量に摂取すると覚せい剤を用いているのと同じことになるのは言うまでもありません。

cached (13)

そのため、痛みを抑える目的で使い始めた鎮静剤にいつしか依存してしまい、1日に何十錠も服用するような重度の依存症になってしまったり、子供の注意欠陥障害のための薬を飲んで抜けられなくなってしまう親が続出したりという事態が全米で発生してしまっているのです。

またこれは大人だけの問題ではありません。これらの薬は誰でも手に入れることができるので、「勉強に集中したい」といった理由で手を出してしまう未成年者がいるのも事実なのです。

なんと今アメリカでは、処方薬の多量摂取による死者が、コカインとヘロインによる死亡者の合計よりも多いという異常事態にあります。

なぜ処方薬の乱用が無くならないのか

cached (15)

医師や薬剤師にとって、よく診察に来てくれたり、薬を買ってくれる人は格好の”お客さん”なので、依存症に陥っている患者と知っていても、処方箋を書く闇医者が後を絶たなかったり、お金で薬を差し出す薬局が多く存在してしまっています。

また、乱用に使われる薬はヒット商品になるので、規制や自粛によってこの売り上げを手放したくないという、企業側の本音も隠されています。

プリンスの死は、アメリカを変えることができるのか

cached (16)

覚えているでしょうか?あのマイケル・ジャクソンの死因は睡眠薬として常用していた麻酔薬の多量投与によるものでした(後に麻酔を投与した医師は過失致死罪で有罪判決を下されています)。

奇しくもアメリカの音楽に大きな影響を与えた2大スターが、同じ”薬物”というものによってこの世を去ってしまったことになります。

アメリカでは近年、インターネットでの薬販売が禁止されるなどの動きが出だしていますが、まだまだ処方薬依存の問題を解決するには至っていません。
プリンスの死を無駄にせず、これをきっかけにアメリカの処方薬を取り巻く状況が変わってくれることを願っています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

この記事をSNSでシェア

新着記事:

「誰だこれは!?」子育て中の里田まいが直面したまさかのハプニングが微笑ましい
スタイルまでパパそっくり!窪塚洋介の長男がモデル級スタイルだと話題
優しい雰囲気がそっくり!石田ゆり子が最新ドラマで従姉妹と20年ぶりの再会を報告
こんな大きくなって…国生さゆりと写る青年の正体に驚かずにはいられない
「男の人は読まないで」女医・西川史子が女子に注意喚起!友人がアメリカ旅行中…
休養中に支え続けた唯一の存在。岡村隆史があの美人女優と6年ぶりの再会を果たす
「パパの遺伝子強めで…」あの芸人の娘が幼稚園児とは思えないスタイルで驚き
「高校のパイセン!」実は平野ノラの同窓生だった芸能界のある人物とは?
矢井田瞳みたい?あの人気芸人のパリピ風メイクが別人みたいと話題
実は同級生!話題の歌手が中学時代の高畑充希との秘蔵2ショットを公開
「めっちゃ強気!尖ってる」あの人気タレントの16年前が別人すぎると話題に
「妻へ、全力で告ります」つるの剛士が15回目の結婚記念日に妻に贈った言葉に感涙
「私に子供はいないけど…」結婚記念日を祝う太田光&光代夫妻に祝福と羨望の声
目の大きさも違う?菊地亜美が公開した3年前の姿に衝撃が走る
「こんなに変われる」GENKINGがビフォー&アフター姿の公開で伝えたいこと
「ねぇおねがい。」木下優樹菜が明かしたフジモンへの痛烈文句に共感の嵐
バッグは○○を愛用中!佐々木希が明かした“庶民っぽさ”に好感しかない
まさに金メダル級の可愛さ!あのトップアスリートの姪っ子がハーフのようと話題
伝説の写真集の奇跡が再び!?あの人気者が披露したセミヌード姿に大反響
「働くお母さんが多いから?」里田まいが目にしたNYの子育て事情に考えさせられる

シェアランキング:

「男の子として生きたい」と娘にカミングアウトされたブラピ&アンジー夫妻の決断とは・・・
甲子園のベンチに置かれた他校のチーム写真・・・。リレーのように繋がれた、亡きマネージャーへの思いに涙
魔女の宅急便にでてくる「にしんのパイ」の真の姿がヤバすぎると話題に
なぜ有名人は”ポロリ”しないのか、その秘密が判明!
妊活にも逆子にも!芸能人も絶賛するお灸の効果
”○○の摂りすぎはダメ!?”キム兄の妻、西方凌さんを妊娠体質に変えた驚きの食事法とは
なんと63歳でこのボディ!!現役モデルがセクシーすぎる水着姿を公開し話題に
行政から”妻は働くな”と通告された!不条理な勧告を受けた夫が綴るブログが話題に
キター(゜∀ ゜)!!大人気「SATC」の続編作成がついにスタート!
母親からの虐待で生後間もなく全身を刺され生き埋めに…。果たして、赤ちゃんの運命は!?
助成金をもらっても全然足りない!不妊治療現場の悲痛な叫び
自分のお金には超シビア!舛添都知事のドケチ列伝
第二のディーンになるかも!?ドラマ「逃げ恥」出演中のイケメンは期待の逆輸入俳優だった!
「審査員に好かれているのでは?」体操・内村選手への失礼すぎる質問に対して、2位の選手がとった行動に賞賛の嵐
このイケメンの正体は・・・あの有名人に隠されていた、もう一つの顔に驚き!
11年にもわたり精神疾患と闘っていることを明かした人気女優。彼女を脅かす病とは…
「俺は種なしだった」と告白した太田光。きちんと知って欲しい、男性不妊の実態。
「これはファンサービスではない」EXILE・ATSUSHIが行っていた極秘コンサートとは
きちんと掃除をした娘に”連帯責任”を押し付けた教師。その対応に賛否の声
恋人が射殺される様子をSNSに投稿した女性。アメリカの闇と戦う彼女に賞賛の声