その確率は数万分の1。ある男性が遠い異国の地から双子の命を救った奇跡に胸が熱くなる

9歳の誕生日を迎えた双子

こちら、アメリカ・ミネソタ州に暮らす双子の女の子エリザベスちゃんと、キャサリンちゃんです。

スクリーンショット 2016-09-23 15.43.14

とっても可愛らしい笑顔が印象的な二人ですが、実はこの誕生日を迎えられたのは”奇跡”と呼べるような事柄が重なったからだと言います。

先天性疾患で遊ぶことが許されなかった日々

実は二人とも、生まれつき血液中に含まれる白血球や血小板などを作ることができない先天性無巨核球性血小板減少症という病気を持っていたのです。

日本では100万人中5人前後しか発症例がないほど、とても珍しい難病だそうです。

スクリーンショット 2016-09-23 15.41.55

白血球や血小板が不足するため、二人は血液が固まりにくく、ちょっとした怪我による内出血や切り傷でも血が止まらず、出血多量で死に至る危険性もあったため、外で遊ぶことも、体を動かすことも許されないという日々を送っていたそうです。

病気のことを理解できない幼い頃から、せっかく一緒に遊べる双子の姉妹がいるにもかかわらず、体を動かして遊ぶことを一切禁じられるなんて、可哀想すぎますよね。

二人に遊ぶことを禁じなければならなかった両親も、とても辛かったことと思われます。

二人に残された道はただ一つ…

スクリーンショット 2016-09-26 12.39.51

やがて両親は、医師に「二人が生き延びるには、骨髄移植するしか道はない」と伝えられたそうです。

「骨髄移植」とは、血液を造る細胞を移植することで元気な血液を造れるようにする治療方法のことで。白血病などの”血液の病気”を治療するための画期的な方法として世界中で行われています。

しかし、骨髄を移植するにはドナーと患者の白血球型が適合しなければなりませんが、この適合率というのが非常に低く、兄弟では4分の1ほどの確率で一致しますが、それ以外ではなんと数万人に1人しか適合する人がいないと言われているほど適合するドナーにめぐり合うことは難しいと言われています。
エリザベスとキャサリンの二人も肉親には白血球型が一致する人を見つけることができず、「国際骨髄バンク」に患者登録することになったのだそうです。

3ヶ月後、奇跡的にドナーと巡り合えた二人

「国際骨髄バンク」への登録後、約3ヶ月でドナーにめぐり合うことができたという二人。
登録患者の3分の1は、適合ドナーに巡り合えず治療を受けられないまま亡くなっているという現実から考えると、たった3ヶ月でドナーに巡り合えた二人がどれだけラッキーだったかが分かると思います。

しかも、二人のドナーとして見つかったのはドイツ・ミュンスターに住む男性で、数年前に「誰かの役に立ちたい」とたまたまドナー登録をしていたのだそうです。

スクリーンショット 2016-09-23 15.42.47

実は、白血球型の遺伝にはある法則があることがわかっており、赤の他人の白血球型が一致することは大昔に兄弟だった人たちの子孫同士が巡り巡って同じ型に生まれついたものと考えられており、今回のケースはアメリカとドイツに住む双子と男性の遠い遠い先祖が兄弟関係であったため、白血球型が奇跡的に一致したものと考えられるそうです。

そんな男性がたまたまドナー登録をしてくれていたという、偶然に偶然が重なった、これぞ奇跡ですよね。

この男性からの骨髄提供を受け、エリザベスは3歳、キャサリンは4歳の時に無事移植手術に成功し、今では少し体力は劣るもの、周りの子供達と同じように学校に通ったり、体を動かしたりということができるようになったのだそうです。

ドナー男性とダンスする姿も

骨髄バンクに関する基金援者らの計らいで、ドナーとなった男性とパーティーで初めて顔をあわせることができた二人。

お互いに英語とドイツ語しか話せないため、会話はほとんどできないものの、3人で手をつなぎ、パーティーが終わるまで踊り続けていたそうです。

スクリーンショット 2016-09-23 15.41.17

こうやって、音楽に合わせて体を動かせるようになったのも、彼のドナー提供があったからこそ。
国境を超えて繋がれた命のリレーに、つい目頭が熱くなってしまいます。

未だにドナー登録者の少なさは課題

運良く希望してからすぐにドナーにめぐり合うことができた二人ですが、未だに適合するドナーに巡り合えず、治療を受けられないまま死に至る患者が世界中に大勢いるのが現実です。

もちろん日本でも、年間1,500人超もの患者さんたちが、骨髄提供を待つ間に命を落としていると報告されています。

二人のドナーとなった男性の住むドイツでは、国民の約5%が骨髄バンクへドナー登録をしているのに対し、アメリカでは2.2%、日本に至っては0.3%に留まります。

医療先進国として、世界屈指の医療設備や技術を兼ね備える日本ですが、骨髄移植だけは医療関係者だけでなく、我々国民の協力無しには行う事が出来ません。せっかくの医療技術を誇る国なのに、ドナー登録者が先進国の中でも著しく低いというのは今後も考えていかなければならない問題だと思います。

出典 www.insideedition.com

この記事が気に入ったら いいね!しよう

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

この記事をSNSでシェア

新着記事:

「何を食べても味がしない」味覚が失われたと明かしていた夏菜の病名が判明
「手を離したら…」セールで散財した夫に神田沙也加が放った名言がカッコいい
「誰だこれは!?」子育て中の里田まいが直面したまさかのハプニングが微笑ましい
スタイルまでパパそっくり!窪塚洋介の長男がモデル級スタイルだと話題
優しい雰囲気がそっくり!石田ゆり子が最新ドラマで従姉妹と20年ぶりの再会を報告
こんな大きくなって…国生さゆりと写る青年の正体に驚かずにはいられない
「男の人は読まないで」女医・西川史子が女子に注意喚起!友人がアメリカ旅行中…
休養中に支え続けた唯一の存在。岡村隆史があの美人女優と6年ぶりの再会を果たす
「パパの遺伝子強めで…」あの芸人の娘が幼稚園児とは思えないスタイルで驚き
「高校のパイセン!」実は平野ノラの同窓生だった芸能界のある人物とは?
矢井田瞳みたい?あの人気芸人のパリピ風メイクが別人みたいと話題
実は同級生!話題の歌手が中学時代の高畑充希との秘蔵2ショットを公開
「めっちゃ強気!尖ってる」あの人気タレントの16年前が別人すぎると話題に
「妻へ、全力で告ります」つるの剛士が15回目の結婚記念日に妻に贈った言葉に感涙
「私に子供はいないけど…」結婚記念日を祝う太田光&光代夫妻に祝福と羨望の声
目の大きさも違う?菊地亜美が公開した3年前の姿に衝撃が走る
「こんなに変われる」GENKINGがビフォー&アフター姿の公開で伝えたいこと
「ねぇおねがい。」木下優樹菜が明かしたフジモンへの痛烈文句に共感の嵐
バッグは○○を愛用中!佐々木希が明かした“庶民っぽさ”に好感しかない
まさに金メダル級の可愛さ!あのトップアスリートの姪っ子がハーフのようと話題

シェアランキング:

「男の子として生きたい」と娘にカミングアウトされたブラピ&アンジー夫妻の決断とは・・・
甲子園のベンチに置かれた他校のチーム写真・・・。リレーのように繋がれた、亡きマネージャーへの思いに涙
魔女の宅急便にでてくる「にしんのパイ」の真の姿がヤバすぎると話題に
なぜ有名人は”ポロリ”しないのか、その秘密が判明!
妊活にも逆子にも!芸能人も絶賛するお灸の効果
”○○の摂りすぎはダメ!?”キム兄の妻、西方凌さんを妊娠体質に変えた驚きの食事法とは
なんと63歳でこのボディ!!現役モデルがセクシーすぎる水着姿を公開し話題に
行政から”妻は働くな”と通告された!不条理な勧告を受けた夫が綴るブログが話題に
キター(゜∀ ゜)!!大人気「SATC」の続編作成がついにスタート!
母親からの虐待で生後間もなく全身を刺され生き埋めに…。果たして、赤ちゃんの運命は!?
助成金をもらっても全然足りない!不妊治療現場の悲痛な叫び
自分のお金には超シビア!舛添都知事のドケチ列伝
第二のディーンになるかも!?ドラマ「逃げ恥」出演中のイケメンは期待の逆輸入俳優だった!
「審査員に好かれているのでは?」体操・内村選手への失礼すぎる質問に対して、2位の選手がとった行動に賞賛の嵐
このイケメンの正体は・・・あの有名人に隠されていた、もう一つの顔に驚き!
11年にもわたり精神疾患と闘っていることを明かした人気女優。彼女を脅かす病とは…
「俺は種なしだった」と告白した太田光。きちんと知って欲しい、男性不妊の実態。
「これはファンサービスではない」EXILE・ATSUSHIが行っていた極秘コンサートとは
きちんと掃除をした娘に”連帯責任”を押し付けた教師。その対応に賛否の声
恋人が射殺される様子をSNSに投稿した女性。アメリカの闇と戦う彼女に賞賛の声